A-U どんな特徴があるの?−FXってナニ?
@値動きで利益ゲット
これはFXに限ったことではなく外国為替取引全体にいえることですが、外国為替が変動することによってその値動きで儲けるというのが外国為替取引のメリットです。
為替相場が変動することによる利益を「為替差益」といい、損失のことを「為替差損」といいます。
A保証金とレバレッジ
外貨預金で1万ドル運用しようという場合には、1ドル120円だとすると120万円が必要になります。 他の外貨投資でも同様に1万ドル=120万円の元手がないと投資することができませんが、FXには元手資金の10倍以上の外貨を売買することができる『レバレッジ』という特徴があります。
このレバレッジは1倍、5倍、10倍などFX業者によって倍数は異なりますが、中には100倍というところもあります。
レバレッジとは日本語に訳すと「テコ」のことで、小さな力で大きなものを動かすという意味があり、FXでは少額の元手で大きな金額の取引をすることができます。
これを「レバレッジ効果」といいます。 レバレッジと密接な関係にあるのが保証金です。
レバレッジの倍数によって保証金の額が決められており、レバレッジが高くなればなるほど必要保証金の額は下がります。 一般にFXを始められる最低保証金額は5万円〜10万円と言われていて、10万円で1万米ドルの取引をすることが可能です。
Bスワップポイントで金利収入ゲット
FXの大きな特徴としてスワップポイントと呼ばれるものがあります。これは預金に対する利息と同じ考え方で、外貨に投資をすると毎日金利収入がゲットできます。
FXはほとんどの業者が1万通貨単位でスワップポイントの金額を定めていますが、その相場は各通貨によって異なります。

スワップポイントの各主要通貨別の相場は下記のとおりです。
□ 米ドル 1万ドル当たり1日150円〜170円
□ ユーロ 1万ユーロ当たり1日130円〜150円
□ 豪ドル 1万ドル当たり1日140円〜160円
□ 英ポンド 1万ポンド当たり1日310円〜330円
※FX業者によって金額がことなります。

10万円の保証金で1万米ドルの取引をすると、1日150円ぐらいの金利収入がありますので単純に1年間運用し、取引時の相場と変わりがなければ年間で5万円以上の利息を得ることができます。
スワップポイントによる金利収入は、仕事が忙しくて日中は値動きを見る暇がない人や、ハイリスクハイリターンがいやなので運用利回りで儲けたいという人におすすめの投資スタイルです。