@-T 為替ってナニ?−FXについて知る前に
為替はその昔『交わし(かわし)』と読まれていました。
その意味は「現金輸送を伴わない決済」という意味とされていますが、これではさっぱりイメージできませんね。 言葉ではよくわからないですが、皆さんはほとんどがこの「現金輸送を伴わない決済」をしたことがあるんですよ。
それは・・・銀行の通帳です。
現金のやり取りをすることなく電気代や携帯電話代などを支払(決済)していますよね?
そうです、これが「現金輸送を伴わない決済」=「為替」のことです。
日本国内で行う為替取引のことを『内国為替』、海外との為替取引のことを『外国為替』と言います。
それでは次に『外国為替取引』について勉強しましょう。
『外国為替取引』と言うと、また何だか難しそに聞こえますが簡単にイメージできる方法があります。海外旅行に行くことを想像してください・・・
行ったことがある人も行ったことがない人も、まずは想像してくださいね♪
海外旅行に行く時に一番大事なものはなんでしょう?そう、行き先の国の通貨ですね。
アメリカに行く場合にはドル、韓国に行く場合にはウォンなど、現地ではその国のお金しか使えないお店がほとんどですので、通貨は必要になります。日本の通貨『円』をドルに交換する場合には銀行で両替してもらいます。
この両替することを換金すると言いますが、投資の世界では、この換金することを『外国為替取引』と言います。