グランビルの法則で判断する「売りのタイミング」は?
グランビルの法則では、ローソク足と移動平均線の位置関係と乖離幅を見て、買いのタイミングと売りのタイミングを見極めます。
以下の4つのパターンは売りのタイミングと言われています。

  • グランビルの法則売りサイン
    @上昇していた移動平均線をローソク足が上から下に抜ける時
    移動平均線は一定期間の価格の平均なので、その移動平均線をローソク足が上から下に抜ける時は下降のサインとなります。
  • グランビルの法則売りサイン
    A下降している移動平均線を、ローソク足が下から上に抜けたがすぐに下降した時
    ローソク足が一時的に移動平均線を上回るような場合は、下降基調が強い時に損切り又は利益確定などで一時的に上がることがあるので、このようなローソク足の動きになります。
    一番上がったところで売りたいところですが、我慢して下降に転じたなと思ったら売りを行うのが良いでしょう。
  • グランビルの法則売りサイン
    B下降している移動平均線を、ローソク足が下から上に抜けそうになるが、移動平均線に触れずに接近して、その後、再び下降した時
    下降基調が強い時に損切り又は利益確定などで一時的にあがることがあるので、このようなローソク足の動きになります。
  • グランビルの法則売りサイン
    C移動平均線が上昇中に、ローソク足との乖離幅が大きくなった時
    乖離幅が大きくなると言うことは、短期的に上げて中・長期線との幅が大きくなる状態ですので、そろそろ天井が近づいていると言えます。
    ただし、チャートを信じて憶測で買っても、もう一段上げることもありますので、下げ始めてから買うようにしましょう。
『選べる外貨』誕生!