移動平均線で買いのチャンスを判断する
移動平均線は、短期線・中期線・長期線の位置関係やローソク足との位置関係で、買い時や売り時を判断する材料となります。
以下にあげるのは一般的によく用いられる買い時のサインと言われるものです、その他にも自己流の判断基準がありますので、参考にしてみてください。
  • @ローソク足が移動平均線を上に抜ける
  • A短期線が中・長期線を上に抜ける
    この状態をゴールデンクロスと言います。ただし、ゴールデンクロスを形成した後は一時的に下落する傾向もあります。
  • B中、長期線の下に短期線があり、その幅が大きくなる
    この幅のことを乖離幅といいます。乖離幅が大きくなると言うことは、短期的に下げて中・長期線との幅が大きくなる状態ですので、そろそろ底が近づいていると言えます。
    ただし、チャートを信じて憶測で買っても、もう一段下げることもありますので、上げ始めてから買うようにしましょう。
  • C中・長期線が上昇中に、短期線が下から上に抜ける
    この状態は、中・長期でコンスタントに上昇している時に、短期線が下から上に抜けるので短期的な上げが強くなっているということなので、買い時となります。
『選べる外貨』誕生!