売り注文⇒買い注文?
外貨への投資は外貨預金、外貨MMFなどがありますが、FXはこれらの投資にない売買手法があります。
それは「売りから入る」と言うことです。
「売りから入る」ということについては、少し考え方一般的なものと違いますので、ひとつずつ説明していきます。

通常、米ドルを買って、買った値段よりも高くなったところで米ドルを売るという形が儲けの方程式ですね。
例:1ドル110円で1万ドル買う⇒1ドル115円の時に1万ドル売る。
これで5万円の儲けが出ます。
「売りから入る」と言うのは、上記の方程式を全く逆にします。
米ドルを売って、安くなったところで米ドルを買う
例:1ドル115円の時に1万ドル売る⇒1ドル110円で米ドルを買う。
これで上記と同様に儲けが出ます。

手元に持っていない米ドルをどうやって売るのという疑問が出てきますよね?
手元に米ドルを持っていなくても、「売りから入る」ことはできます。この場合は手元に米ドルがないので、厳密に言うと「米ドルを売る権利を買う」と言います。

安く買って高く売る。これが全ての儲けの原理ですが、FXで儲けようと思うと、ドルを買ってドルを売るというだけであれば、相場が円高に動いている時には誰もFXで儲けることができません。 相場が円安の時でも円高の時でも両方儲けるチャンスがあるのがFXです。

ただし、買いから入る場合と売りから入る場合では、スワップポイントの取扱が少し変わりますので、これについては次の項でご説明します。

スワップポイントを払う?
『選べる外貨』誕生!