GDP成長率とは−米国の主要経済指標
GDP(国内総生産)は、その国全体の経済力を集約した指標で、経済成長や景気動向などを総合的に判断するための参考になります。
アメリカのGDPは四半期ごと(3ヵ月ごと)に発表されます。
速報値・改定値・確定値と数値が発表されますが、この中で相場に敏感に反応するのが速報値です。
アメリカのGDPは、個人消費支出の占める割合が7割前後という特徴があります。そのほかの3割は設備投資・住宅投資・在庫投資などで構成されています。
米国同時多発テロの時にはマイナスを記録したものの、その後は2%〜4%の成長を実現しています。
  • 四半期が終了した翌月末に「速報値」発表
  • 四半期が終了した翌々月末に「改定値」発表
  • 四半期が終了した3ヵ月後の月末に「確定値」発表