ペナント(上放れ)−トレンドラインの種類
ローソク足には中長期的に見ると、さまざまなトレンドが現れてきます。
まずはチャートにトレンドラインを引くところから始めるといいでしょう。トレンドラインの引き方は、下記のポイントに気をつけてください。
  • 上昇相場の時・・・ローソク足の谷と谷を結んでトレンドラインを引きます。
  • 下降相場の時・・・ローソク足の山と山を結んでトレンドラインを引きます。
トレンドラインが引き終わったら、今度はそれぞれの逆のラインも引いてみましょう。
これをチャンネルラインと言いますが、なぜこのラインが必要になるかと言うと、上下幅を見るためです。トレンドラインとチャンネルラインの値動き幅の中で短期売買を繰り返すと言う手法もありますので、デイトレードなどをされている方は参考にすると良いと思います。
ペナント(上放れ)のトレンドライン
ペナントとは、三角持ちあいとも言われ、一定の値幅(レンジ)で推移していたものが、次第に狭まった形が、ちょうどペナントの形に似ていることからそういわれます。
ペナント上放れのトレンドライン
ペナントの上のラインが上値の抵抗線となっていますので、この間の値幅が狭くなり、一定のところで停滞するようになったら、買いのサインと言われています。