ギャン理論その14:利小損大
利が乗った時は大きく伸ばし、損が出た時は小さいうちに切りましょう
小さな儲けと大きな損失。これが投資にとって一番負ける確率が多い法則です。
逆に大きな儲けと小さな損失、これが投資に勝つための法則ですから、いかに利益を出すのかではなく、いかに損失を少なくするのかが重要なポイントとなります。