有効求人倍率
有効求人数を有効求職数で割ったもの。
「有効」とは当月の新規数と前月からの繰り越し分を合わせたものを指す。
有効求人倍率が高いと職は見つけやすく、低いと見つけにくい。求職、求人とも全国のハローワークで取り扱ったもののみが集計の対象となる。
[出典] 厚生労働省「一般職業紹介状況」