GDP(国内総生産)
国内の経済が新たに生み出した「付加価値」の総額。
国の経済規模を計る尺度になる。付加価値とは、企業の売り上げから原材料や経費などのコストを差し引いたもので、これが従業員の賃金や企業の利益になる。
[出典] 内閣府「国民所得統計速報」