レート画面の見方-FXピンポイント情報
まず最初にFXの取引画面を開いて迷うのが、英語と数字がたくさん並んだ意味不明な画面です。
これが何を意味するものなのかを見て行きましょう。

FXレート画面
【[画像をクリックすると拡大画像が別ページで開きます。】

一般的な取引画面は、左側に通貨ペアが記載されています。
【米ドル円】【ユーロ円】【豪ドル円】【ポンド円】・・・円と他の通貨の取引相場欄は
ここですよと言う意味です。

次は上の表題を順番に見て行きましょう。
【Bid】・・・ビッドレートのことです。売りを行う場合にはこのレートを使います。
【Ask】・・・アスクレートのことです。買いを行う場合にはこのレートを使います。
【Change】・・・前日の終値からいくら動いたか表示します。マイナスが
ついている場合には前日よりも下がっている(円高になっている)ということです。
【BidOpen】・・・今日の始値です。
【BidHi】・・・今日の高値です。
【BidLow】・・・今日の安値です。
【買Swap】・・・今日の始まり時点の買いの場合のスワップポイントです。
【売Swap】・・・今日の始まり時点の売りの場合のスワップポイントです。
【単位】・・・スワップポイントの単位です。
ワンポイント:BidHiとBidLowをみて、現在のレートが高値圏か
安値圏か見極めましょう。